SEKIコンセクレイティッドレポート Vol.135
悔い改めの方法

前回vol.134で紹介した「うらまない ねたまない 悔い改め」という3つのことばを使う
悔い改めの方法の、その後のレポートです。

vol.134 「うらまない ねたまない 悔い改め」
http://www.shinlogy.com/consecrated_report/consecrated_report1260


この方法は、

「うらまない おこらない ねたまない 自らのおこないを改めます」

ということばを使っても、同じようにできるとのことです。
追加の内容としてご報告いたします。

————————————————————————————————————————-

この方法には、肌の透明感やハリが戻ってくるというひとつの特性があるためか、さっそく実践されたのは女性が多かったようです。いくつか感想を紹介します。


●普段から<浄化と上昇>は目を閉じて行っていますし、自分が試している様子は、リアルタイムで見ることができません。それで、写真と動画を撮影して、数人で検証してみました。みんな変化がすごくて、びっくりしました。

●肌が白くなってキメが細かくなり、ツヤもよくなりました。ハリも出たのかあごのラインもリフトアップ。口角が上がって唇の色がよくなりました。
首も細く長く見えるようになって、目もぱっちり大きくなった感じです。エネルギーの影響で、こんなに顔の大きさが変わっているんですね。
自分では気づいていませんでしたが、顔の左右で表情に違いがあったようです。
そこで、目元や首すじにSEKIオイルを塗ってやってみたら、左右の違いが少なくなりました。

●途中で何度かことばを替えて、20分ほどやってみました。最初は身体が重たく感じていたのですが、やっている間にだんだん楽になっていくのが自分でもわかりました。
「大人っぽい顔になった」「スッキリしたね。貧乏神が取れたんじゃない?」と言われました。気持ちの面でも、なんとなくモヤモヤしていたものがなくなりました。


みなさんはじめは、「本当にことばをとなえるだけで変わるの?」「顔にさわらなくてもフェイシャルケアができるの?」と仰っていました。
実際に試してみて、これまでにない体験におどろいたそうです。

そのほかには、

●3つのことばのうち、どうしても思い出せない(言えない)ことばが1つあった。

●ことばの中に、なんとなく引っかかるというか、抵抗を感じるものが1つあります。それが、自分の問題点がどこにあるのかを示しているのかなと思いました。

●「悔い改め 悔い改め…」とくり返していた時に突然、別のあることばを思い出しました。ああ、それが自分に欠けているところなんだ…と気がつきました。

という方もいました。


この方法は「悔い改め」のために、精神界から伝えられたものです。
わかりやすいのは、いただいた感想にあったように、肌の透明度が上がってリフトアップするという、主に美容、またエイジング(加齢)の面での変化です。
これは「うらむ ねたむ おこる」という感情や思考、エネルギーの影響によるこころのくもりが、皮膚のくすみやたるみの原因となってしまうことを、端的にあらわしています。

この「悔い改め」の方法を続けていくうちに、自分の顔の表情は、自分が意識的に作っているものだということに気がつきます。
さらに、理想だと思い続けてきたこと、これまで手に入れたいと望んできた様々なことも、自分の意識の中で作り出して理想化したものだったらしい、とわかる時がおとずれます。これは、自我や意識がどれだけ現実を規定してきたのかを知ったということです。

以上から「悔い改め」とは、罪を悔い改めるだけではなく、意識が現実を規定しているという事実を知り、それを超えていくことによって、自分自身のくびきから解放されることが本来の目的であるとわかります。
悔い改めることで、運命は転換できるのです。


                          2016年10月28日  シンロジー・ラボ大分 鷲尾素子