神さまの語るところに曰く。

今、皇居は暗黒の結界によって封じ込められているという。

GHQ占領下の時代から、何らかの拍子に皇居が封じられたようなニュアンスを、フツヌシさまの説明から受けたが、事実かどうかはわからない。

 

「いざという時に皇室を動かせるようにしておかねばならぬ。8月では遅い。7月までにせねば。ゆえに、皇居にヒトとして参れ」

「はぁ

 

新幹線の中、生返事。10時くらいに東京につきたくて、5時から起き出してきているから、座席の上で仮眠をとった。目がしょぼしょぼする

 

東京の皇居は、神が皇室を経由して結界を形成するために使われている、というようなイメージを受け取った。

 

ん? あの、それって

 

今年、関東で災害が起きる可能性が高まっているとの情報を、この前小耳に挟んだばっかりなんですがいや、まさかね。関係ないか。

 

しかし、そんな結界を解除するなんて、どうすればいいのか。

 

「なんか物理的に持っていくものはありますか?シールとか」

「ない。ダークシールではただの闇の排出ゆえ解決にはならぬ。その身一つで皇居の前に立て。浄化力が肝となる。同行者がその点ではやや危ういやもしれぬな」

 

内心で白目をむいた。まじか。

それってつまり

 

NASAJAXAの悪魔連中が日本とアメリカ上空に建設してた暗黒の殻、浄化力でぶち抜いた時と同じやないかーい

 

どんだけ浄化しないといけないんだろ。

グロッキーになってぱったりいく覚悟しておこうかな?

 

新幹線が東京駅にまもなく到着する旨のアナウンスが流れる。窓のブラインダを上げると、外には巨大なビルが林立しているのが見えた。やっぱり東京都心のビルは大阪よりも大きいなぁ。

 

待って、今窓からビルの合間にチラ見えしたの皇居だよね?

 

なんか、気のせいかな? 上空に厚さ30メートルくらいのダークエネルギーの塊が浮いてるのが見えたんだけど

 

何アレ。アレ、浄化スルンデスカ。

 

「審判の用意は十分か。覚悟は良いな?」

 

ナイデス。

 

「ないけど、まぁやりますよーいつでもどうぞ」

 

最近、諦めるのだけは極まってきた気がする。こんなのばっかりだなー。