さて、会社のフィールドに対してダークデバイスを起動すると、また重たいエネルギーがデバイスから噴出した。

火山が噴火した時の噴き上がる煙を思い出してみてほしい。あんな感じで暗黒のエネルギーがどろりと粘度を持って、デバイスの先端の銅板からどくどく吹き出してくる。

それをぼーっと眺めていると、不意にエネルギーの煙の端がぼこりと形を持ってこちらを「視た」。

 

目玉だ。

 

「……?」

 

なんだろう、と思っていたら、目玉は引っ込んでいった。

 

次の瞬間、一気に変化は起きた。

突然、暗黒の中に無数の何かを検知したことを感覚が知らせてきた。
かと思えば、無数の魔がぐっと凝って、一つの魔物の姿をとった。

 

(ていうか、こいつら合体するのか…粘菌かな…?)

 

縦に開いた巨大な一つ目を額にもつ、体長1メートルほどの四足歩行の真っ黒な獣が、私に向かって牙を剥く。中型犬くらいの大きさがある。

 

「・・・・・おおー」

 

これはなかなかレアな見た目の異形。(感心してる場合か)
3階の事務所に戻ろうとする私にまとわりつくように、床の上をうろうろ動き回っている。

しかし若干じゃれつかれているみたいで、愛嬌もあるような気もしないでもない……

 

「ガルっ!」がぶぅっ!「あ」

 

…噛まれたー。かわいくないー。

 

「噛まれたー、じゃない」

意識界の後ろから声がした。ひょいっと男の人の手が右後ろから伸びて、その手にあった剣が魔物の体を切り裂き、「ギャンッ!」と悲鳴が上がった。

 

魔物は床にべちゃっと落ちて、ぐったりと平たく伸びている。

 

声の主の男性は通称S。本人の語るところに曰く、私がたましいだった時から傍についていて、一応、どこかの神(らしい)。もとは海外の神なのか、背が高くてやたら美丈夫な黒髪碧眼の男である。

 

私の意識体の右手には穴が空いて、血の代わりにエネルギーがだくだく漏れていた。

 

「油断してさっさと処理をしないからこうなる」

 

呆れ混じりの声だった。まったくもって仰る通り。私は真顔で光の剣を取り出した。

やりおったなこの悪魔犬(?)。

なお飛びかかろうとする犬を縦半分に切り裂いて、某鬼退治漫画さながらに首を切り飛ばす…が、ええい、まだ動くのな、おまえたちって!

 

「光あれ」

 

イコンの印をイメージしながら、ぶすっと目玉目掛けて突き刺して、魔物にトドメを刺した。

何に入り込まれているか分かったものではないから、あとで浄化と上昇、必須だな。

 

「あー。意識体の手に穴が空いちゃったー。たぶんすぐに塞がるからいいかな…」

「のんきにも程があるだろ…少しは慌てろ…」

 

いや、意識体がエネルギー的に負傷したけど、今回はそんなに体に痛みはないからさ…。(痛いときもあるのよ、もちろん)

 

でも少しは動じた方がいいのかしらん。

 

人がたくさん溜め込んだエネルギーの方が、えげつないのが多くて、あちこち体が痛くなることもある。
人間由来のエネルギーの方が、やっぱりはるかに強力で邪悪かもしれない。

 

やけに弱かったのは、ダークデバイスから出てきてかなり弱ってたのかなー。

あと、やっぱり怖いものを見過ぎて感覚麻痺してるのかなー、と思う今日この頃。

 

みんなは悪魔を怖がるんだよね。

痛いし重いし怖いし襲ってくるし。

 

でもどこにでも潜んでいるから、発見したら即処理が基本なのだ。

 

皆さん、悪魔はのほほんと観察してないで迅速に戦った方がいいかもです(観察日記の意義が揺らぎません???)