昔の日本には、日本民族らしい、思いやりの心を有した小宇宙を持つ人々が、もっと多かったのではないでしょうか?しかし、支配と被支配を前提とする西洋文明が日本に入ってきてから、日本人の小宇宙は、西洋文明から大きな影響を受けるようになりました。そして、西洋的な考え方を是とし優遇する教育の元、益々西洋かぶれの小宇宙を持つ日本人が増えていきました。

私自身は人間関係が悪化すると、「自分にも到らないところはあるけれども、相手も悪い。」と思っていました。そして不満を少しずつ溜め込んで、どんどん疲弊していきました。

そして、ある日、ふと思いました。「私の考え方は、本当に正しいのだろうか?」と。

それまでの自分の考え方に疑問を抱けたことは、今になってみると、正常な判断であったと思っています。