会長のひとりごと

精神学協会会長のひとりごと。

  1. 無神論宇宙が審判される。

    いまの時点で、私が到っている知は、間もなく無神論宇宙の審判がはじまる、ということです。 Continue reading →
  2. 無神論宇宙の法則。

    いまの人間世界は、無神論で説明できる物質のはたらき方で動いています。それは、私から見ると無神論宇宙の物質のあり方、ということになります。 Continue reading →
  3. 無神論の時空の変化。

    いまある物語宇宙を、無神論で説明できることはわかりましたが、その中にある意識体は、この時空のことしか知らず、この時空と共に、無に帰することを知っています。 Continue reading →
  4. 無神論の科学。

    いまの科学は、この宇宙には神はいないというところから出発しているともいえます。 Continue reading →
  5. 無神論の主人は誰なのか。

    長い間、人間世界に登場した無神論は、人間由来のものだと考えられてきました。 Continue reading →
  6. 無神論宇宙の意識体とは?

    この物質宇宙には、人間のように、生命体として意識を発達させたものとは別に、浮遊する意識体というものが存在しています。 Continue reading →
  7. 無神論が消えない理由は?

    この宇宙が、光と闇の物語を進行させているというのが、いまの時点での私の認識です。 Continue reading →
  8. はじまりの後、日本発世界へ。

    最後の一厘の仕組みは、最後の審判とセットなのですが、なぜ、最後の審判がこれから起きるのかを改めて、解説しておきます。 Continue reading →
  9. はじまりの後、これからの日本の姿。

    日本の仕組みというものをつくった存在を、普通の人は神と呼びます。 Continue reading →
  10. はじまりの後、いまの日本の闇。

    このままの日本が生き残れると考える人は少ないでしょう。その最大の原因が、日本人の知力の低下のはずです。 Continue reading →

1 から 10 件を表示(全 16 件)

ページ