seki

  1. 反ユダヤのナチスとマネーの仕組み。

    ナチス・ドイツは、ある種のオカルト教団でもあり、彼らは、反ユダヤでした。 Continue reading →
  2. ユダヤ教とキリスト教のたましい。

    一神教といわれるものでも、今日のユダヤ教とキリスト教では、たましいのもとたるものの神格はまったく違うものになります。 Continue reading →
  3. たましいの波動は神界由来。

    人間のたましいは、神や神々のワケミタマということになっています。 Continue reading →
  4. 日本人のたましいのもとが…。

    いまの日本列島上に生きている人間のたましいは、基本的に千九百九十一年の前に生まれた、古い神々のワケミタマと、その後に生まれた新世代の神々のワケミタマという新旧のものがあります。 Continue reading →
  5. 出発点は、自由、平等、博愛という嘘。

    アメリカ合衆国をつくった人間グループは、ヨーロッパで宗教的に迫害されたものたちでした。 Continue reading →
  6. 共産主義というイデオロギーの正体。

    いまでも、共産主義という言葉にシンパシーを持つ日本人は多くいます。 Continue reading →
  7. イデオロギーとは何だったのか。

    日本の神や神々が、明治政府を見限ったのは、朝鮮半島の国家を併合した時でした。白村江の敗北以来、この日本列島にある国家は、原則、鎖国なのです。 Continue reading →
  8. 日本神界の用意とは何だったのか。

    明治維新の前に、日本神界は、その西欧文明と共に入ってくるガイコクの悪魔に対するある種のバリアとして、天理教や大本教などの新興宗教と呼ばれるものを用意して、神界のデータをおふでさき、などの方法で人間界に伝達しました。 Continue reading →
  9. 日本列島に地球の神界が残った理由。

    もともとこの世は、神界、霊界、魔界という三界が相互乗り入れをしていたというのが、紀元前までの姿のようです。 Continue reading →
  10. 日本語を神界語にした意味。

    かつては、神界語は古語であるやまと言葉でした。そのオトダマ、コトダマでは、現行人類の脳内においては言語化はおろか、イメージも充分に再現できないものとなっていました。その問題を解決するために生まれたのが「最終知識」という書なのです。 Continue reading →

1 から 10 件を表示(全 43 件)