hitonoko

  1. 波動シール『審判』を使ってみた

    数か月前から、家族の体調が悪い。 咳が止まらず、食欲も落ちている。イコンデバイスを遠隔でかけ続けたが、症状は治まらない。好みの違いから、オイル類とかは塗らせてもらえないので、ポットに秘積水を入れてさとられずに飲んでもらい、普通の食パンとして光パンを食べてもらっていた。 しかし限界を感じる。そろそろ、次の解決方法を考えなければならない。その結果、私が「審判の層」に常時上がれるようになれば、かなりのマイナスエネルギーを処理できるようになれると思い、カウンセリングを申し込んだ。上昇と浄化の時には、いつも審判を希求していたが、到達しているのかどうかわからない。     11月7日、大分のカウンセリングを受けた。 今回のテーマは、「審判の層」に上がり、最後の審判を希求すること。   ちゃんとテーマ設定していったにも関わらず、私のスマホが亜・宇宙を創っている状態になっており、その処理で今回は終わってしまった。 「スマホがこんな状態になっているのは、初めてのケースですよ」と言われたけれど、これから私のようなケースは増えるのだろうなと、漠然と思った。あまりスマホを使わない人間なのに、なぜ亜・宇宙が形成されているのか全く分からなかったが、上昇と浄化時に常用使用していた『波動シール・テスラ縦波』の影響があったようで、私に関して縦波は使用差し止めになった。亜・宇宙の中で上昇と浄化をしても、私の審判を希求する祈りは、まったく天には届かなかったらしい。   『亜・宇宙』(闇の宇宙)の創造。 どうなることかと思ったが、解決は意外と早かった。 ありがとう、ジョブズ。適切な助言が、すばやい解決につながった。 あなたが、参戦してくれて、心強いです。歓迎します。 現代科学の次の時代を創るために、光の存在として、若くて能力のある人たちとともに働いてください。   そういうわけで、『審判の層に上がる』という目的は達せられないまま帰宅したけれど、幸運なことに次の日曜日に大阪で行われる「シンロジカルセミナー」に出席できる運びになった。やったね…ということで、死んだらチャンネルの連載をしている何田さんに連絡を取って、上昇指導をしてもらえるように予約を入れた。 今年7月の大阪セミナーの翌日、集まった場で、何田さんに初めて公開上昇指導をしてもらった。10人ぐらいが立ち会ったなか、上昇をしていくと、イエス様が現れて、そののちに『光の剣』(フツのツルギ)と光輝く『最終知識』をもらったらしい。   なぜ、らしい…、なのかというと、私には一切映像が見えなかったが、何田さんには脳裏に映像が見えていて、その指導に従って私は目の前の剣をつかんだり、上昇したりした。   11月のセミナー後に、審判の層に上がるべく、何田さんに上昇指導をしてもらった。 イエス様と花冠をいただいた花竜、天使たち、いろんな存在が、何田さんのビジョンに現れたが、これらの詳細は省くことにする。 ただ、審判の層に上昇するためにはいったん下降する必要があり、下に降りていった結果、すでに私の中では解決している幼少時の問題が、私の小宇宙内では「つらかった時期の時を止める」という状態を起こしていて、その時間をふたたび流れさせる作業が必要だった。 そして、審判の層に上がれたと思った。   翌日のお昼からの集まりの時に、波動シール「審判」を試させてほしいと、会長にお願いした。審判の波動シールが作成されていたことは人づてに聞いていたが、使用した人が一挙に悲惨な過去世の体験記憶をよみがえらせて少なくない衝撃を受けたこともあり、その存在はあまり公にはされていなかった。   会長がいらっしゃる場なら、何か不測の事態が起きても治めてもらえると考えて申し出たのだ。悲惨な過去世は、私には2つほど心当たりがある。できることならリプレイは嫌だなと、願った。一度きりなら、どうにか再生は耐えられるのか…。自信はない。   まあ、その程度の覚悟だから、審判シールを用いても「審判の層」には達することはできなかった。   「カウンセリングでも言ったと思うが、君には絶望が足りない」と会長。   人生に絶望して、『私の罪が深いなら、ここで死んでもいいですから、審判を求めます』という境地で審判を必死で求めるなら、審判の層に達することができる。 甘い考えでは、審判の場には到達しない。 審判の場は厳しく、また審判された結果、会員といえども右へ行ける可能性は100%ではない。   余談として書けば、私の次に何田さんが審判シールを試してみた。...
  2. 明日からの〝世界〟

    武漢ウイルス騒ぎも少し収まってきたようで、その一因はワクチンの普及と言われている(本当か)。 今日の朝の情報番組は、「ワクチンに対する誤った情報の流布を正す」としていたけれど、メディアの情報はどれも信じがたく、横目で見ながら、朝食を終える。もう大本営発表はいらないかなぁ。信じられないもの。   一方で、総裁選の候補が出そろい公約などが取りざたされているが、わたしが見るに、要するにこの国は今まで通りのアメリカ経由の支配になるか、はたまた中国経由での支配になるかという様相にしか見えない。最後に参加した候補にいたっては、半島利権も絡んでいる可能性をぬぐえない。   この国の主権を持つといわれている国民にとっては、夢も希望も薄い政治状況で、ため息しか出ない。 せめて、日本国の総裁になる人物は、その配偶者とともに過去さかのぼって三代は生まれた時から日本国籍を有するという制約を設けてほしいものだと思う。それをされると困る人が多いので、絵に描いた餅どころか、気が付かないふりをされて議題にも上らないのだろう。   少しでも崩壊がゆるく、この国にソフトランディングの可能性があるのは、アメリカ経由の統治のほうかなと思うので、そちらの候補が総裁になることを願うしかない。   話は変わるが、中国の三峡ダムは、湖北省にあり、長江流域に建設されている。ダムの上流には重慶、下流には武漢、南京、国際都市・上海という大都市が連なる。秋雨前線が長く伸びて、日本を縦断して連日の長雨を降らせていた8月時に、そのしっぽあたりは、長江のいずれかにも雨を降らせていた。よって、再度の洪水が発生し、三峡ダムも満水時に近い水位となっている。   三峡ダムの決壊は毎年取り上げられるのでオオカミ少年的な感じは否めないのだが、仮に三峡ダムが決壊するようなことがあれば、中国の人口の約4割に当たる6億人が、決壊によって何らかの被害を受けるといわれている。すでに度重なる洪水で、農作物や家畜に被害が出ているうえの大災害になるので死活問題だろう。大国の食料などの不足分の穴埋めに狙われるのは、近隣の国になる。要するに、わたしたちの国だ。   経済面でも、広東省深圳にある不動産大手『中国恒大集団』の運転資金が枯渇して、明日9月23日が支払期限になっている。派閥の違いから、現執政者が助けなければ、デフォルトになるだろう。膨れ上がった中国の不動産バブル崩壊のはじまりになるかもしれない(世界に混乱を起こすために、武漢ウイルス同様、悪手として使われる可能性もある)。   いまや30年前とは違い、中国経済はアメリカをはじめとする世界経済と深く結びついている。もちろん日本経済とも。 大陸の経済の崩壊は、大陸だけの話にとどまらない。とくに地理的に近い日本への余波は、はかりしれない。   これからは怒涛の変化が来るかもしれない…。   目覚めていないと、引き潮に乗ってはるか遠くへ連れていかれることになる。さらわれない様に、ふんばるしかない。    
  3. エネルギー不滅の法則かも?

    今年7月のセミナー翌日のこと。 会長が「シンロジアは何を書いてもいいから。間違っていてもいいから」とおっしゃる。 そうか、精神学への理解が追いつかずに、勘違いや間違いがあってもいいのか…と考えたけれども、いかんせん、   専門性 とくになし 興味ある事 あまりなし 人に伝えたい特異な体験 ほぼなし   その結果、タイトルはなんでも書ける『雑記帳』になった。   勢いでブログ登録したものの、何を書いていいのかと思っていたら、ある出来事があった。 偶然はないということなので、これを書いておこう。   数年前から、ずっとある人物が心の中に居座っていて、「どうしたものだろう」と考えていた。相手とは疎遠になっているのに、なぜか1日に何度も意識に上がってくる。それもいい思い出ではなく、エネルギー的にも人間が出す念や呪的なものを感じていた。 疎遠になった現在でも、相手がそのエネルギーをこちらに向けて放っているのか?とも考えた。わたしの記憶にあるのは、別れる前のほとんど逆恨み的な相手の言動でしかない。   「わたしには、とうてい買えないわ」というのが、相手の口癖だったけど、意見を求めていないのに唐突に何度もそのフレーズを聞かされるのに辟易して、わたしもだんだん無口になり、距離を取るようになった。そして、関係は自然消滅。   あれから数年の時間が経っているのに、なぜこの不快なエネルギーがわたしの中にいつまでも居座っているのか、まったく理解できなかった。浄化力が乏しいのか?   そんなある日、下腹部に何ともいえない気持ち悪さを感じた。 イコンデバイスは家族のために遠隔で使用しているのでわたしには使用できず、しかたなく一番大きいサイズのダークシールを気持ちが悪いと感じる部位に直接貼ってみた。(洋服の上から貼るのが推奨らしいですが、わたしは直接、肌に貼るのが効果が高そうな気がして好き)   そして一時間たったぐらいの時、気持ち悪い部分に意識を集めてみて、その感じを味わってみることにすると、ある記憶がよみがえってきた。   結婚して間もないころ、広告が入っていたので、初めてのお店に買い物に行くと、初対面にもかかわらず強い敵意と嫌な対応をされて、驚いて何も買わずに帰ってきた記憶。 なぜそんな対応をされるのかわからなくて、電話で母親に出来事を訴えると、 「地元のお店に、いってはだめよ」と諭された。 そのころ住んでいた場所は、土地柄が悪く、その分家賃は安かった。 数年で、そこを引っ越して、その出来事も意識の底に沈んでいた。   記憶には、感情がついている。 感情というエネルギーは正しく認識されなければ、消え去ることはない。 エネルギー不滅の法則。 わたしの体験は、かれこれ40年前のことだけど、わたしが感じたそのエネルギー(自分の感情か、お店の人がわたしに向けた感情かのどちらか)はずっと、記憶とともにわたしの小宇宙に存在していたわけで、そのエネルギーがわたしに知覚されて、あの時のエネルギーと認識されてから、疎遠になっていた相手からの嫌なエネルギーを感じづらくなった。   わたしの小宇宙内に、相手が出すエネルギーと同種のものがあったから、その効果は倍増していたということなのか。そこに関係性が生まれていたことになる。   お勉強だとしても、けっこうしんどい体験だったなぁ。
  4. 日戸乃子(ひとのこ)雑記帳

    現在準備中です

4 件

参加者のコンテンツ

あくまかんさつにっき
モノローグ
越後・ぬながわ奮闘記
高齢者ケア
食文化と環境と精神性
komyoshi.comアーカイブ
なんでも体験談
三徳工房
無税国家への道
畑野菜つくりと山歩きの日々
 TOPに戻る