光への上昇をずっと続けて、光と呼べる意識の中の明るく感じられる層に登っても、まだ登り続けると、意識の最上層に、審判と呼ばれる層がある。

過去、人が祈り、求め続けてきた最後の審判というのは、光の層の先に到達したたましい=人の意識が、自らの小さな宇宙の中に、自分と、そのうちに棲み着いたものに裁きをくだすことを選ぶものであって。
悪魔は闇の層ともいえる、暗い意識の層の中にしか住めないから、彼らはその存在を知らないか、否定する。

 

そして、悪魔の持つエネルギー量をまるごと、自分ごと焼き切れるほど、強い浄化力を発揮できるようになるには、大抵の場合、審判を求めることができるようになるまで、精神を成長させなければならない。

 

どうやって精神を成長させたらいいのかは、最終知識に書いてあるけど、ちょっと難しい。別のブログにふわっとした解説記事も書いてあるので、こっちを読んで考えるのも…いいかも…?

 

プロトタイプ・サピエンスの考察
「難しい? 精神学と最終知識」その6〜精神の免疫はどうやって強くなる?〜