悪魔が使うエネルギーは魔力と呼ばれる。
これはそのまま、波動教室で教えている魔の波動のこと。

 

じゃあどうやって無害化するのかという話だけど。
この話は意外と簡単だ。

人間の体は、波動教室で教えている6つのエネルギーを作ることができる。
作ることができるということは、分解して処理することができるということだ。

 

この分解処理=浄化を意識的に行う仕組みが、精神学で教えている、光への上昇と呼んでいる簡単な瞑想のメソッドと考えてみればいい。

 

光への上昇というのは、何も宗教的な意味ではなく、単に精神というか意識世界というものには、上と下があって、真っ白な光と真っ黒な闇に分かれたグラデーションを描く、幾重にも重なった層構造になっている、というだけの事実の話だ。

ぴんとこなければ、意識の層というのを、何層かに分かれた海のようなものだと考えてみると分かりやすい。
普通に私たちが暮らしている意識の層は、かなり深くて、暗い、闇ともいえる層の中に浸かっている。
そんな中で生きていると、感覚が狂ったり、頭がおかしくなったりしていくのは当たり前の話で、光の層に上昇することで、その影響を浄化して、リセットできるように、人間の体はできている。

 

…まぁ、人によって浄化できる量には個人差があるので、それを補助するのがイコンシールだったり、イコンデバイスだったりするわけですが。
つらい時は無理せずに道具に頼るのも一つの手。お金はかかるけど、放っといて後から病気になったりした時にかかる医療費に比べたら、ずっと安いよ。

 

…たぶん、年間5〜10万は違うと思う。
え? ソース? 実体験です。これは私の話なのです。魔的なダメージによる病気から復帰するのに10万かかったの。

 

知らないってこわいんだよ。

 

 

つづく。