霜で半分凍った畑に行くと、大根が元気に白い首をのぞかせています。寒い冬を乗り切るために、冬野菜には糖分が多く含まれているようですね。大根は冬の季語(俳句)にもなっています。

大根を抜きて笑ひし根の姿

さて、本題の大根葉はカルシウムが多くビタミンも豊富です。また、胃腸の働きを助けて便通を調えます。葉を大根のように干して冬場に戻して食べると、からだを温め疲れがとれます。

 

皆さんがよく作る大根葉の胡麻油炒めにSEKI コンセクソルト(塩)をひとつまみ入れてみてください。浄化力が上がり、さらに心身の健康を保ち易くなります。

 

そうそう、胃の調子が悪い時は、大根をすりおろして食べると回復するので、わたしは良くこの手を使います。

 

 
みた やすよ