料理人では無い旦那はんが、時々自然食材を使って作る旦那飯。

《ある日のメニュー》
天然キノコのすき焼き。

 

嫁はどれが、どのキノコか判別できませんよー。笑

 

『香茸(コウタケ)』
ごく一部の山にしか生えない貴重な天然キノコ。
松茸以上に風味が強く美味。

『天然本しめじ』
「香り松茸、味しめじ」と讃えられるキノコ。
プリッとした食感、豊富な旨み。

『サクラシメジ』
味付けが薄いと苦味を感じますが、
味をしみ込ませると、無茶苦茶美味しくて食感も良い。

『ウスヒラタケ』
アミノ酸が多いので旨みが強いですが味・香りに癖がなく、柔らかいキノコです。
幼菌時には丸っこい饅頭型で、成長していくにつれ貝殻型もしくは皿型へと平たくなっていくそうです。

『クリフーセンタケ』
クセが全くなく軽いぬめりと爽やかな香り、
シャキシャキした心地よい歯触り。

 

これらのキノコが鍋の中で一緒になると、
何とも言えない美味しいダシが出て、最高の味になります。
あまりの美味しさに、天然キノコを食べたくなるわけよ!!

あーーー秋だー。
キノコの季節だー。

なのに・・・
この暑さ、そして雨降らずー。
キノコが生えない環境がバッチリ。
がっくりしてる旦那はん・・・kawaisou
自然の恵みって本当にありがたいね。

旬の食材、大地のめぐみに感謝します。
美味しく料理してくれてありがとう!
ごちそうさまでした。