料理人では無い旦那はんが、時々自然食材を使って作る旦那飯。
なんですが・・今日は料理は無いです。

 

2014年。

 

旦「スッポンってどうやって採るんやろ?」
「漁業権ってあるんかな?」
「自分で採れたら、どれだけおもしろいやろ!」
「どうやってさばくんやろ?」
「調理まで出来たら、自宅で食べれる!」などを唐突に熱く語り始めた旦那はん。

 

嫁「スッポンって、噛まれたら雷落ちるまで離さへんとか言う凶暴なヤツやろ??」
「捕まえるなんてムリムリ」
「天然なんて滅多におらんし、素人には、さばかれへんし」
「自然に過ごしているのに可哀そうやん」
「絶対に捕まえてくるの止めてや!!!」

 

旦那はんは熱く語る度に、嫁から厳しくダメ出しされまくる日々。

 

・・・・・1年後の夏のある日。

旦那はん、嫁、それぞれに仕事後に帰宅、
食事の支度(この頃は、旦那はんは料理に目覚めていないので嫁ごはん)、二人で夕食を食べて、後片付けまで終えて、
嫁は気分良くシャワーを浴びようと風呂場に行くと・・・

 

 

 

先客おって絶叫しましたわ。

 

しかも風呂場やから「ギャーーーーッ」のエコーかかりまくり。

仕方ないので風呂蓋閉めて、洗い場でシャワーを浴びる哀れな嫁。
シャワー浴びている最中は、
スッポンが、バスタブの壁面に爪を立てるキューキュー・ガサガサ効果音付。

 

疲れ倍増やわ!!(怒)

 

頼むからお風呂行く前に教えて・・

 

という事で、スッポン話は、まだまだ続きます。

旬の食材、大地のめぐみに感謝します。
美味しく料理してくれてありがとう!
ごちそうさまでした。