アメリカンコーヒーって、

 

通常の濃さのコーヒーを、

水で薄めたものだと思うよって人~?

 

実は私もそう思って生きてきたひとりです。

 

いや、実際そうやって提供している

カフェや飲食店もあるとか。

 

アメリカンコーヒーは、

通常のコーヒーよりも苦くなくて、

あっさりと飲みやすいという

特徴がありますよね。

 

そのコーヒーの味の濃さ、薄さというのは

コーヒー豆の炒り方、挽き方で決まります。

 

 

例えば

==============

アメリカンコーヒーは

浅炒り&粗挽き

==============

 

なんですね。

 

炒り方が深ければ深いほど

苦味が増すことは

想像できますよね。

 

また、

 

挽き方については

細かく挽くほど

味が濃く出ます。

 

※日本茶の茶葉より

抹茶のほうが味が濃いのと同じです。

 

そういうわけで、アメリカンコーヒーは、

 

苦味が出にくい浅炒りであり

味が濃くでない粗挽き

 

で淹れたコーヒーということです。

 

自分で豆から炒って淹れることができると、

豆を深く炒ったり浅く炒ったり

荒く挽いたり細く挽いたりが

自由自在です。

 

次の1杯を、違う味のコーヒーに

変身させることだってカンタンにできるんですよ♪

 

家に招いたゲストのお好みに合わせて

淹れることができるなんて、

ちょっと魅力的だと思いませんか?