こだわりのコーヒーショップで焙煎した豆を買って、

おしゃれなミルでガリガリ挽いて、コーヒーを淹れるこだわり派もいらっしゃると思います。

その手間にたった10分追加するだけで、

 

☑もっと香りがよく

☑もっとクリアな味わいの

☑もっと健康的で

☑もっと自分好みの

 

コーヒーが作れるんですよ♪

 

それは、「生豆から焙煎すること」で実現します。

 

あなたはコーヒーの生豆を見たことはありますか?

私は自家焙煎に出会う前まで、見たことがありませんでした。

最近は生豆を販売しているお店も増えているみたいなので、

一度は見たことがある人は多いかもしれません。

 

実はコーヒーの豆ってこんな色。

薄い緑色やベージュっぽい色をしています。

香りは、ほんとに「豆」って感じ。

 

これを10分ほどコンロで炒ります。

ときどき焙煎器を左右に振って、均一に焼けるようにします。

「パチッ」とか「ポッ」とか、豆がはぜる音がなんとも可愛くてテンション上がります。

 

焙煎している間の香りも、なんというか・・・ヒノキのお風呂のような香りというか・・・

リラックス効果がある香りなんですよ。炒っているときからすでに癒されるんです。

 

 

焙煎も後半になると、ポップコーンのように連続して「パチパチパチッ」と音を立てて、

豆に少し油分が出てテカってきたころ、火から下げます。

 

はいこれであっという間に豆の焙煎終了。

今回はちょっと深めに炒りました。

大したコツもいりません!

 

あ、IHコンロではできないので、カセットコンロを別で用意してくださいね。

ガスコンロであっても、焦げを感知して火力を自動で下げてくれる

若干ありがた迷惑な機能があるときも、カセットコンロが便利ですよ。

 

次回は、豆の焙煎度合による味の違いについてもお伝えします♪