ライト療法

カトリック教会には、『病者の塗油の秘蹟』があり、病人の癒しのために聖なるオイルを塗り、祈るという儀式が行なわれてきました。 2009年、ブラジルのある教会から、ブラジル人の信者の方が、その教会で使われていた聖なるオイル(オリーブオイル)を持って、定められた人に手渡すために、神示により日本にやってきました。 そのオイルが精神学協会に届けられて解析され、物質であるオイルに、祈りとしての光が宿り、塗油されることで人が癒されるということが、初めてわかりました。 それが、現在、S・B・M(シンロジカル・ボディ・メソッド)を学んだインストラクターがつくることのできる聖なるオイル<consecrated oil>の原型です。 聖なるオイルがつくれるようになるのと同時進行で、意識と身体が密接に影響しあっていることに気がついた鍼灸師の相良祐市氏により、『ライト療法』の理論が発見されます。 脳の状態は皮膚に現れるという関係性を元に、皮膚の特定の部位に定められた順番に<consecrated oil>を塗油していくことで、皮膚側から脳に正しい情報を送り、意識と身体を整えていくことを可能にしたのです。

Vol.16 肝臓の下垂を治す

 肝臓は、内臓の中でも最も重い臓器の一つで、右側に位置する上に一つしかありません。そういう理由で、人間の姿勢は疲れた際に、右肩下がりになりやすくなるようです。さらに、肝臓が疲れると、肝臓自体が下垂しやすくなります。
 肝臓が下垂すると、その重みで胃・胆のう・すい臓・小腸の四つの臓器がつぶされる形になります。また、下垂したことから肝臓自体も本来の働きができなくなります。
 肝臓で血液に含まれる栄養の質が決められるわけですから、当然血液の質も落ちてしまいます。
 この時点で、全身の調子が落ちることになります。

 <その1>で行なった横隔膜の処置のところで説明させてもらいましたが、肝臓は自身が受けたストレスを他の臓器に渡すことができます
 その結果、肝臓自体は安全になりますが、逆に他の臓器は危険となります。そして疲労した他の内臓のストレスは、一巡してまた肝臓に戻ってきます。
 これは問題を根本から解決するのではなく、薄めて後回しにするようなシステムなのです。ですが、そのシステムのおかげで時間的には、病気に移行することを遅らせています。
 これら一連の流れがあることに気がつき、これも必要悪なことだと考えていけば、脳を主体とした中枢神経系による身体の仕組みの統制とは別な統制が存在していることがわかってきます。
 それらの別な統制の主役となるのが、実は『肝臓の弱さ』だということです。
 ここで、やっと〝始まり〟まで、来ました。

 <その16>は、肝臓の下垂を治すためのものです。
ライト療法の特徴は、『下垂を治す』というテーマが連続されるところです。
しかも他からの処置(整体的な)で内臓を持ち上げるわけではなく、自律的に内臓に持ち上がってもらう処置なのです。未知の感覚を体感してください。

 

◎ハリポン先生のライト療法 もっと知りたい!⑯

 <その16>のテーマは、『肝臓の下垂を治す』です。
肝臓というのは重いから勝手に下がりますが、そんなこともストレスになります。
このセットをすることで肝臓が自律的に持ち上がります。
ここまでで、ライト療法に関する身体的なトラブルに関する対処法はほとんどやり終えたと思います。
 実は、人間が受けるストレスのクセというのは、このセットの治療箇所に全部あらわれています。なぜなら、人間はストレスを感じると、それが肝臓の異常となって現れるからです。この肝臓の異常のなかには、その人間の精神性そのものが入っているといっても過言ではありません。なぜかというと、人間の免疫反応というのは、外的な、または内的な敵に関する対応です。それによって疲れていくのが自然なのですが、この肝臓の状態がその人の状態ともいえるのです。そして肉体的な問題でも、精神的な問題でもやはり肝臓に現れてしまうということを考えれば、『やっと〝始まり〟まで、来ました』と書いた意味は、ここで『肝臓』そのものにうまく働きかけることができれば、少なくとも身体側は正常に働いてくれるようになるということです。
 ただし、身体の問題を解決するその前に、ストレスという精神の方向性を変えないとまた同じことが繰り返されることになります。いままでと同じ精神性というか、精神状態だったら同じことがくり返されるのも自然です。
 逆にいうと、ここからが身体と精神の関係をエネルギーの観点からも考え、指導するS・B・M(シンロジカル・ボディ・メソッド)的な問題になってきます。
少し予告するとすれば、<その18>から先は、ほとんど、S・B・Mの領域なのです。

*ライト治療院のサイトはこちら

※オイルの塗布箇所についての解説は、以下の PDF データをダウンロードして下さい。

「ライト療法オイル塗布表」(PDF)