ライト療法

カトリック教会には、『病者の塗油の秘蹟』があり、病人の癒しのために聖なるオイルを塗り、祈るという儀式が行なわれてきました。 2009年、ブラジルのある教会から、ブラジル人の信者の方が、その教会で使われていた聖なるオイル(オリーブオイル)を持って、定められた人に手渡すために、神示により日本にやってきました。 そのオイルが精神学協会に届けられて解析され、物質であるオイルに、祈りとしての光が宿り、塗油されることで人が癒されるということが、初めてわかりました。 それが、現在、S・B・M(シンロジカル・ボディ・メソッド)を学んだインストラクターがつくることのできる聖なるオイル<consecrated oil>の原型です。 聖なるオイルがつくれるようになるのと同時進行で、意識と身体が密接に影響しあっていることに気がついた鍼灸師の相良祐市氏により、『ライト療法』の理論が発見されます。 脳の状態は皮膚に現れるという関係性を元に、皮膚の特定の部位に定められた順番に<consecrated oil>を塗油していくことで、皮膚側から脳に正しい情報を送り、意識と身体を整えていくことを可能にしたのです。

 

————————————————————————————————————————

3.11 被爆対策・無料勉強会のご案内

————————————————————————————————————————

ライト療法の解説


鳥は空を飛ぶのが自然なように、馬は走っている時が美しいように、本人の人生のあるべき姿を理解するためには、『健全な身体』が不可欠です。
ライト療法は、その健全な身体を手にするための一助となるものです。
では、ライト療法とはどのようなものなのでしょうか?
大別して、ライト療法には5つの特徴があります。

一つ目の特徴は、【身体の意識を健全にする】です。
身体にも、身体特有の意識があります。この身体の意識が誤作動を起こすと、『慢性的な病的状態』を、『正常な状態』と勘違いしてしまいます。
つまり、病状が一向に〝治らない・改善しない〟理由は、『病気だと認識していないので、身体自身が治ろうとしない』からなのです。ライト療法に用いる聖別された『SEKI consecrated oil』には、『身体の意識の勘違い』を修正する効果があります。すると、自己治癒力を最大限に引き出す力が生まれてきます。
身体の意識の健全さとは、人間の『思い込みのフィルター』を外した状態を意味しています。身体の意識が健全であれば、身体にとって正しい情報を伝えてくれるのです。

二つ目の特徴は、【ライト療法は、原因不明の疾患にも対応できる】です。
ライト療法は、身体にある25ヵ所の治療を主眼とした治療セットですが、この25ヵ所はほぼ全身を網羅した形になっています。つまり、身体のどこに病気の原因があるのかわからなくても、フルセットを続けて身体に施してしまえば、病気の原因を治療していることになります。
たとえれば、真っ暗な部屋にある床のどの部分が汚れているのかわからなくても、床全域を拭いてしまえば、結果として汚れが取り去られているのと同じことなのです。ですから、たとえ原因不明の疾患であったとしても、ライト療法は効果を出せるのです。

三つ目は、【数カ所の治療点で全身的な効果をあげられる】です。
身体の活動の仕組みは、各箇所や各内臓の連携が軸になり、流れ作業で行われています。
つまり、肺や胃や筋肉が健康であったとしても、大腸部分が悪ければ、肺や胃や筋肉は大腸と同じくらいの働きしかできないということになります。弱い部分の働きが基準になるので、健康なはずの部位でも他の部位の不健康さのせいで、『不健康な程度の働き』しかできないことがあるのです。
この仕組みを理解するなら、連携している身体の中のいちばん悪い部分が改善できれば、全身の調子も飛躍的に改善することになります。
身体のいちばん悪い部分を見極めるには、長年の経験とデータ分析も加味した直感力が必要です。現時点では、私しか診ることはできませんが、ライト療法に用いる『SEKI consecrated oil』を購入された方で、不快な症状にお悩みの方なら、ライト治療院にご連絡ください。塗油するポイントなどのアドバイスをいたします。

四つ目は、【精神的な問題(ストレス)を処理できる身体をつくる】です。
身体と心の問題は、深く結びついています。
たとえば、会社に入ったばかりの人が最初はストレスで胃が痛くなったとしても、仕事に慣れた数ヶ月後に胃は痛まなくなったとします。
この現象は、精神的ストレスを身体が受け止めて消す機能があることを現しています。
つまり、心の問題である『胃が痛くなるようなストレス』を、身体の問題である『胃痛』に変換して、心を救っているのです。一般に、『会社で生まれたストレスを、酒を呑んで騒いで忘れる』という行動も、同じことを意味しています。
しかし、『精神的ストレスを、身体が受け止めて消す機能』は、身体本体が弱ければ機能しません。ここで問題になる〝弱さ〟とは、物質的な身体の弱さプラス身体の意識の不健全を指します。
ライト療法では、もともと備わっている『精神的な問題を処理できる身体』を復活させる効果があります。

最後の特徴として、【ライト療法の真価】についてお伝えしましょう。
人間の意識には、『思い込みのフィルター』があります。
正しく認識しているのではなく、その人独自のフィルターを通してしか、現実を見ていません。この意識のフィルターがある以上、すべての人間は『自分が現実だと信じている、思い込みの世界』でしか生きていけません。
したがって、同時に同じものを見ても評価が違うのが当たり前ですし、そのどちらが正しいのか間違っているのかは、ご本人による〝好み〟にしかすぎない場合が多いです。
それは心という意識の領域で起ることですが、対して物質である身体は正しく整えられるなら、思い込みではなくその時の正しい情報に正確に反応しているのです。
その機能や仕組みは、最初から人間の身体に備えられていました。
それを正常化させるのが、ライト療法の真価なのです。

ストレス社会といわれる現代。ほとんどの人たちは生きる指針を、自己ではなく他人に求めているように見えます。それが身体の意識を不健全にし、結果として病気を発症させています。
楽しさや美しさ、人生の意味は、まさに人間の数だけあり、それは他の人と違っていて当然です。それらに気がついたとき、人間は病気という状態から解放されていくのかもしれません。

ライト療法作成者 ライト治療院院長 相良祐市

 

*ライト治療院のサイトはこちら

※オイルの塗布箇所についての解説は、以下の PDF データをダウンロードして下さい。

「ライト療法オイル塗布表」(PDF)