SEKIコンセクレイティッドレポート Vol.134
うらまない ねたまない 悔い改め

2016年の春、精神界のある領域から、神々と人の悔い改めについてひとつの方法が
伝達されました。

————————————————————————————————————-

悔い改めの方法

①『意識に光 身体に光』ということばをくり返しながら
 <浄化と上昇>をしている時と同じイメージで、
 くり返すことばを「悔い改め 悔い改め 悔い改め」にかえる

②ことばは「悔い改め」のほかに「ねたまない」や「うらまない」でもよく、
 「うらみません ねたみません 悔い改めます」でもよい


※注意点
・この方法は<浄化と上昇>と同じもの、またはそれに代わるものではありません。
・エネルギーに敏感な方の近くでは、避けてください。
・大勢の人が集まっている会場や、複数人で同時に行うこともおすすめできません。

————————————————————————————————————-

これだけです。
シンロジカル・カウンセリングでは数名の方に試していただき、確実に結果が得られました。

この方法では、3つのことば「悔い改め ねたまない うらまない」
もしくは、「うらみません ねたみません 悔い改めます」を使います。

ですから、そのことばに関係する反応があらわれます。

たとえば、過去に自分が経験した、様々な感情や場面の映像が再現されたり、ほかの人の顔や発言が思い出されたり、身体の一部が痛みはじめたりするかも知れません。
また、自分が何を悔い改めるべきか、分かったりするかも知れません。

どのような反応がでてきても、<浄化と上昇>の時と同じように、心身の反応や見えたものにはとらわれないことを心がけて、ことばをくり返しながら続けます。
自分自身の内面と静かに向かい合えるようになって、気持ちがすっきりしてきたら、とりあえず終了です。

時間や回数の決まりはありません。各種のコンセクオイルを、身体や顔に塗って行うこともできます。


この「悔い改め」で、心と意識を濁らせる原因になっているエネルギーが取り除かれて、素肌の透明さや瞳の輝き、本来のたましいの明るさが戻ってくることがわかっています。

歴史的に一神教と関わることが少なかった日本で暮らす人たちにとって、どうして悔い改めなければいけないのか、どうしたら悔い改められるのかは、わかりにくいものでしたが、「悔い改め ねたまない うらまない」ということばだけで、悔い改めが実感と実体のあるものとしてあらわれるということを、この精神界の伝達は証明しています。


                       2016年10月11日   シンロジー・ラボ大分  鷲尾 素子